RC・コンクリート打ちっぱなし

【RC造】コンクリート打ちっぱなしはクールでカッコイイ!

横山 浩介(一級建築士)

本コンテンツ内の画像はイメージであり、当事務所で建築・設計していないものも含まれます。

狭小RCの大空間「結晶の家」

 

こんにちは、横山 浩介です。

コンクリート打ちっぱなしの外観はクールでカッコイイですよね。

見た目の良さ以外にもRC(鉄筋コンクリート)造には多くのメリットがあります。

*「RC造=コンクリート打ちっぱなし」ではなく、別の仕上げも可能です。

 

でも、周りの家を見渡してみると、ほとんどが木造住宅ですね。
総務省の調査によると、日本の戸建て住居の9割以上が木造建築のようです。

見た目も性能も優秀なRC造なのに、なぜ1割にも満たない普及率なのでしょうか?

 

そんなわけで、今回はRC造にスポットを当てて、その魅力とデメリットについて見ていきたいと思います。

RC造の魅力 その①
打ちっぱなしの見た目がカッコイイ!

 

上の写真のように、グレーで無機質なRC造もスタイリッシュでいいですが、

打ちっ放しコンクリートの中でも最も高級とされる仕上げ「杉板浮造り」も実にかっこいいですね!

 

↑杉板浮造り

 

杉の木目が浮き上がるように仕上げ、色味もスタイリッシュの中にも温かみがあって、とても美しいですね。

杉板浮造りするためには、杉板型枠という通常の型枠よりも非常に高価な板を使います。

ですので、通常の打ちっぱなしよりコストが全然高いです・・・。
ただでさえ、RCは高いのに…。

 

コンクリート打ちっ放しのリスク

 

打ちっ放しのリスクとしては、必ずしも綺麗に打ち上がる保証はないということです。

コンクリート打ちっ放しは、一般的に型枠にコンクリートを流し込んで施工しますが、その場合、型枠を外してみるまでどのような仕上がりになるか分かりません。

諸々の条件によって、ジャンカ、目立つアバタ等が発生してしまうなどのリスクがあります。

ジャンカ(豆板)・アバタとは

↑上記はひどい場合です(通常は綺麗に仕上げてくれると思います)。

 

ジャンカとは表面上に空隙が生じた状態。
見た目以外にも、強度がコンクリートの半分以下になったり、鉄筋が腐食したりして、耐久性に重大な影響が出る場合もあります。

アバタとはコンクリート表面の気泡になります。

 

ジャンカ、アバタ等が発生した場合でも補修は可能です。

型枠を外してみれば問題の有無がはっきりと分かるので、その時点で補修をすれば、見た目も機能も回復できるので、そこまで大きなリスクにはならないとは思います。

 

ただ、重要なのは補修コストです。

その問題の度合いにもよりますし、どこまで完璧さを求めるかによりますが、誰がその補修コストを負担するのか。明らかに汚ければ、通常は施工会社が負担するのでしょうが・・・。

RC造の魅力 その②
何といってもとにかく強い!

 

RC造は、圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋を組み合わせた構造になるため、とにかくストロングです。

 

耐用年数が長い!

 

RC造の法定耐用年数は47年で、木造の2倍以上の長さです。

*実際には木造は65年、RC造は120年以上は持つとも言われています。

 

RC造の建築費用はどうしても木造よりも高くなりますが、2倍以上の耐用年数を考えると、1年当たりのコストは逆に安く、長い目で見るとRC造の方がお得なんてことも!?

ただ、耐用年数の面だけをみると、人間の寿命より長く持つ必要があるのかどうなのかは人それぞれでしょう・・・。

 

火事に強い!

 

誰しも一度は木を燃やしたことはあるとは思いますが、コンクリートを燃やした人はいませんよね?

RC造の主な材料はコンクリートで、コンクリートは不燃材料です。
つまり、RC造は家全体が耐火構造と言えます。
(防火地域にも耐火建築物として建築可能です。)

火事に強いことは明らかなアドバンテージですね!

 

地震にも強い!

 

地震・雷・火事・オヤジ。

でも、現代ではオヤジよりオフクロの方が恐いのかもしれませんね・・・。

 

話は逸れましたが、RC造は火事に強いだけでなく、地震にも強いのです。

RC造は、コンクリートで作られた6面体となるモノコック構造です。
モノコック構造は力が構造の一点に集中せず、“面”全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を保ちます。

一般的な木造建築の、柱・梁で構成される「軸組み構造」では構造部材を“点”で接合するため、力が接合点に集中してしまいます。

30年以内に南海トラフ大地震が発生する確率は70%のようですので、大きな地震に備えるという意味でもRC造には優位性があります。

 

RC造の魅力 その③
自由度が高く、機能性に優れるから、住んで快適!

 

ホテルライクな空間「ツインコートハウス」

 

デザインの自由度が高い!

 

RC造は、木造と比べると柱の間隔を広く保つことができ、大空間を生み出すことが可能です。

また、型枠で作れる形ではどんな形でも自由にコンクリートを流し込めますので、半円や円柱型、大きな張り出しなど、自由度の高いデザインを採用できます。

 

気密性が高い!

 

RC造は躯体に継ぎ目がなく一体となっているため、抜群の気密性を誇ります。
外気温の影響を受けにくいため、年間を通じて空調費用を低く抑えることができます。

夏は涼しく冬は暖かく1年を通して快適に過ごせます。

 

遮音性能・防音性が高い!

 

コンクリートのように比重の大きい物質は遮音性能に優れています。

RC造の壁厚は150~180mmで、1平米当り400超の重量がありますので、他の構造(材料)と比較して遮音性能の面で非常に優秀です。

180mm厚のコンクリートの場合、50db(デシベル)以上の音を遮断します。

すぐ外が交通量の多い道路(80db)だとしても、50dbを遮音するので、室内では深夜の住宅街の静けさ(30db)くらいになります。

もちろん中から外への音もしっかり遮断してくれますので、シアタールームやプライベートスタジオの設置はもちろん、お子様が騒いでも、夫婦喧嘩が勃発しても安心です。

 

では、なぜRC造は1割未満なのか??
RC造の弱点・問題点はいかに!?

 

今まで見て来たように、RC造は見た目良し!強さ良し!性能良し!とパーフェクトですね。にも関わらず、戸建住居の9割以上が木造建築であるその理由は・・・

「お金が掛かる!」、これに尽きると思います。

 

建築費用が高い!

 

RC造と木造を比べた場合、RC造は木造の1.2~1.5倍ほどになることが多いです。

仮に、木造で建築費4,000万円とした場合、RCでは4,800~6,000万円になるということになります。

差額をみると、なかなかインパクトがありますよね。

 

重い!

 

RC造はコンクリートや鉄筋などの材料を使うため非常に重くなります。そのため、強固な地盤が必要となります。

建築する際に地盤の強さを測り、もし建物の重量に耐えられない地盤だと判明すれば、地盤改良や杭打ち工事などをする必要があり、余計に工事費用がかかります。

 

解体費用が高い!

 

RC造の解体費用は木造よりも断然高いです。

木造住宅の解体費は坪単価3万円程度が相場ですが、RC造では坪単価4~5万円くらいが相場になります。

 

金銭面以外のデメリット

 

「増改築の難しさ」「木造に比べて壁が厚くなるので狭小には不利」ということくらいでしょうか。

見た目上の経年劣化は木造でもしますし、断熱もやり方次第です。

 

まとめ

 

予算があっても、RC造にするのに仮に1,000万円を掛けるのであれば、別のところに掛けたいというケースは多いです。

今回はRC造のメリットにスポットを当てましたが、木造には木造にしかない良さがあります。

どちらが良いということはありませんので、人それぞれでしょう。

「さらにご予算がある」「出来る限りの耐震対策・防音対策をしたい」などがあれば、RC造はお薦めです。

私はRC造も木造もどちらも好きです。

どちらの構造での設計も承っていますので、お気軽にご相談ください。

 

MENUメニュー
CONTACTお問い合わせ
〒245-0016
神奈川県横浜市泉区和泉町6221-8
TEL:045-827-3741
FAX:045-801-2260
mobile:090-8941-3673
mail:k_yokoyama08@ybb.ne.jp

お問い合わせ

まずはお気軽にお問合せください。

よくあるご質問はこちら

MENUメニュー
CONTACTお問い合わせ
〒245-0016
神奈川県横浜市泉区和泉町6221-8
TEL:045-827-3741
FAX:045-801-2260
mobile:090-8941-3673
mail:k_yokoyama08@ybb.ne.jp

お問い合わせ

まずはお気軽にお問合せください。

よくあるご質問はこちら

Copyright © 横山浩介建築設計事務所 All Rights Reserved.