「上鷺宮の家」|横浜 東京 神奈川|住宅設計等の一級建築士事務所:建築家 横山浩介

大きな吹抜けのある家「上鷺宮の家」

建物用途:戸建住宅敷地面積:158.33m2
建築の形態:新築建築面積:77.16m2
建築地:東京都中野区延床面積:126.64m2
構造:木造軸組工法施工:株式会社匠陽
階数:地上2階総工費:約2800万円
ロケーション:住宅地備考:

SHARE THE PROJECT

前のページに戻る

建築・設計実例一覧に戻る

  • 2階建て
  • ナチュラルモダン
  • ミドルクラス
  • 二世帯住宅
  • 吹き抜け
  • 和モダン・和風モダン
  • 大開口
  • 木造
建物用途:戸建住宅
構造:木造軸組工法
階数:地上2階
延床面積:126.64m2
依頼者の要望
「大きな吹抜けのある開放感のあるリビングにしたい。」
「リビングに階段を設けて、子供の行き来や気配を感じられるようにしたい。」
「リビングは畳敷きで来客が多いときに広く使えるようにしたい。」
「リビングに造り付けのベンチみたいなものが欲しい。」
「子供部屋は最初は広く使い、将来的に仕切りをして部屋を分けられるようにしたい。」
「収納を多く造ってほしい。」
「外壁に無垢材を使用したい。」
設計・デザインのポイント
敷地は閑静な住宅街の北東の角地。このお家の顔となる北側に玄関、ガレージのパーゴラを配置して、特徴的な大きな縦スリットと横長の水平連続出窓によるメリハリのある外観となっています。
リビングは開放的で明るい吹抜け空間になっており、収納と一体となったリビング階段を設けています。キッチンからはリビングを見渡すことができ、小さいお子様の様子を見ながら料理ができるようになっています。またリビングの一角には客間2帖を設け、普段は建具を開放して広く使い、来客時は建具を閉めて仕切ることができるようにしています。
リビングの吹抜けはそのままですと、暖かい空気が2階の廊下や奥の部屋に逃げてしまいますので、吹抜け越に折戸を設け、2階とリビングを仕切ることができるようにしています。

2階の北側には子供部屋を設けて、将来仕切りをして2部屋にできるようにしています。
また、空間を最大限利用して、屋根の一番高い部分に建物幅いっぱいのロフトを設けており、かなりの量の収納力を備えています。
建築家のコメント
ひろびろとした畳のリビングは、3人のお子様の遊び場になり、大人の宴会スペースにもなったりと、フレキシブルに利用でき、とても明るくて心地のいい空間となっています。

条件の近い建築・設計実例