「都心の超狭小住宅」|横浜 東京 神奈川|住宅設計等の一級建築士事務所:建築家 横山浩介

建坪8.4坪の大空間「都心の超狭小住宅」

建物用途:戸建住宅敷地面積:46.39㎡(14.03坪)
建築の形態:新築建築面積:27.82㎡(8.4坪)
建築地:東京都中野区延床面積:80.10㎡(24.23坪)
構造:木造軸組み工法施工:株式会社丸山工務店
階数:地上3階(半地下)総工費:2,500万円
ロケーション:住宅地備考:

SHARE THE PROJECT

前のページに戻る

建築・設計実例一覧に戻る

  • 3階建て
  • スタイリッシュ
  • ミドルクラス
  • 地下室・半地下
  • 大開口
  • 混構造(木造+RC造)
  • 狭小住宅
建物用途:戸建住宅
構造:木造軸組み工法
階数:地上3階(半地下)
延床面積:80.10㎡(24.23坪)
依頼者の要望
「14坪の狭小地で、道路斜線と北側斜線の厳しい条件であるが、出来るだけ多く床面積を確保したい。南側に大開口、屋根に大きなトップライトのある明るいリビング・ダイニングとテラス。」というご要望でした。
設計・デザインのポイント
道路斜線と北側斜線により高さを抑えられた中で、より多くの空間を確保する為に、建物は地階を設けた3層構成としています。
2階のリビング・ダイニング・キッチンは、道路斜線や北側斜線と同じ屋根勾配にし、構造の検討を繰り返すことで、柱や壁の無い大空間を実現しています。
南面の大開口も、構造の検討や道路斜線(天空率を採用)の検討を繰り返し、窓の高さを確保しています。
北側は大きなトップライトを設け、北側のやさしい光が入り、青空が眺められるようになっています。
建築家のコメント
法規制の厳しい条件でしたが、試行錯誤をすることによって、とても魅力的な空間ができました。
斜線によって削られたとんがり屋根の形状は、そのまま2階のリビング・ダイニング・キッチンに現れ、大開口や大きなトップライト、大空間とそれに続くテラス、それぞれの要素により、ダイナミックで伸びやかな空間となっています。

条件の近い建築・設計実例