高低差のあるバリアフリーな住まい
「鶴見の家」

依頼者の要望
「親世帯の部屋を明るくて快適な環境にして欲しい。
駐車スペースを設けたい。
1階を親世帯のスペースとみんなが集まるリビングとダイニング、キッチンにして、2階は子世帯の寝室とリビングにしたい。
アイランドキッチンにしたい。
収納を多く確保してほしい。」
というご要望でした。
設計・デザインのポイント
まず、既存敷地の有効宅地が狭かった為、崖側の擁壁を造り替えて有効宅地を広くしました。
崖下の道路は狭い為、崖上の道路から駐車できるように、鉄骨の架台で駐車スペースを設け、親世帯が行き来しやすいようにエレベーターを設けました。また、1階の親世帯の部屋に陽が入るように、建物をできるだけ北側に寄せて中庭を設けています。中庭には縁側を設けて、部屋と中庭を一体に感じられるようにフルオープンの大開口にしています。
1階はバリアフリーとして、家族みんなが集まるリビングとダイニング、そしてご要望のアイランドキッチンとしています。また、1階玄関と敷地は高低差がある為、緩やかなスロープを設けて歩きやすくしています。

2階はリビングを中心に子世帯の寝室、子供室を配置しています。こちらも南の中庭側にフルオープンの大開口を設け、開放感のある空間にしています。
2階レベルは崖上の生活道路と階段から室内が見えてしまうので、半透明のスクリーンを設けて、光と風を取り入れながら、通行人の視線を遮るような構成にしています。それにより、窓を開け放って中庭の広がりを感じながら生活することができます。
限られた容積の中でできるだけ空間と収納を確保する為にロフトを造り、リビングから使いやすいように固定階段を設けています。勾配天井と高窓、ロフトにより明るくて立体的な奥行き感のあるリビングとなっています。
子供室は西側に面して開口を設けていますが、南側の廊下越の高窓から光を取り入れ、より明るくなるようにしています。
崖上の道路と2階の床の間に1m程度の高低差があるので、リビングから5段の階段を設けて、その下の余剰空間も大容量の収納としています。
車庫は手摺を兼ねたルーバーとして道路からの視線も遮る役割となっています。
建築家のコメント
有効宅地を広くする為の擁壁の造り替え、車庫の鉄骨架台、中庭や目隠しスクリーン等、様々な工夫をすることで崖下の悪条件を克服して、明るくて開放感のある住まいができたと思います。
一匹のワンちゃんも加わり、二世帯での新しい生活を楽しまれているようです。

建築・設計実例一覧

建築・設計実例を絞り込む

条件の近い建築・設計実例Works

MENUメニュー
CONTACTお問い合わせ
〒245-0016
神奈川県横浜市泉区和泉町6221-8
TEL:045-827-3741
FAX:045-801-2260
mobile:090-8941-3673
mail:k_yokoyama08@ybb.ne.jp

お問い合わせ

まずはお気軽にお問合せください。

よくあるご質問はこちら

MENUメニュー
CONTACTお問い合わせ
〒245-0016
神奈川県横浜市泉区和泉町6221-8
TEL:045-827-3741
FAX:045-801-2260
mobile:090-8941-3673
mail:k_yokoyama08@ybb.ne.jp

お問い合わせ

まずはお気軽にお問合せください。

よくあるご質問はこちら

Copyright © 横山浩介建築設計事務所 All Rights Reserved.